安いBTOパソコンの選び方は?

まず押さえておきたいのが、基本性能を左右するCPU、メモリの構成です。
ただし、性能や容量によっては、少し高い物に替えたり、容量を倍増してもあまり価格が変わらない場合もあります。
逆に、手持ちのOSがある人や、オープンソースOSを利用する人はリスク無く価格を下げられる部分でもあります。
逆にBTOパソコンでそれほど拘る必要がないのがHDD容量です。
変更しにくい部分や基礎的な部分に出来る限りお金をかけ、後で変更が利く部分は安く済ませるのが、賢いBTOパソコンの構成だと言えるでしょう。