おまとめローンの計算するならシュミレーションのページを利用

おまとめローンの計算をするなら、シミュレーションが出来るページを利用するといいですね。
消費者金融と銀行の金利を比べると、銀行の目的別生活資金向けのローンの方が安くなっています。
消費者金融系ですと、最高金利が18.
0%になることもありますが、銀行の生活資金向けローンであれば、4.
7%〜7.
8%で借りられるのではないでしょうか。
そうした金利の差を利用して、おまとめローンとして銀行から融資してもらえると、金利の分がお得になります。
借り入れ希望額と、予想金利を入力すると、月あたりの返済金額から返済期間を計算したり、返済期間から月あたりの返済金額の目安を計算したり出来ます。
借り入れ金額が大きい場合や、返済期間が長い場合、金利の差で返済金額や期間の差が出てくることがわかります。
レイクおまとめできる?無利息期間でお得に借入!【総量規制は?】