住宅ローンの借り換えの悪い部分とは?

住宅ローンの借り換えはいいことが多いですが、もちろん悪い部分もありますのでそれを知った上で借り換えをしないと損をしたような気がしてしまうかと思います。
住宅ローンは金利によって支払う金額が変わってきたりします。
しかし、借り換えをして少しでも住宅ローンを軽減したいというのが皆さんの思っていることですよね。
そんな借り換えをする銀行については調べなくてはいけませんが、借り換えの悪い部分といえばとにかくわかりにくいことです。
金利だけを考えても基準金利、優遇金利、固定金利に特約金利と複数の種類があって、とにかくわからなくなってしまいます。
そして借り換えをするとなると、借り換えをする前の手数料と後の手数料があって、普通の人では頭が混乱しそうになってしまうように、借り換えはわかりにくいというのが一番の悪い部分といえるのではないでしょうか。
楽天銀行の借り換え諸費用は高い?フラット35!【金利・手数料が安い!】